便秘解消

チーズを自宅で作成する方法について

なんでも自宅で作るのが好き!という方がいらっしゃるかもしれませんが、健康的な乳製品の代表であるチーズも、実は自宅で作ることができるということをご存知でしたか?
もともとチーズというものは牛乳を加工して作られるものなのですが、自宅で作るにはさすがに牛乳だけでは作れません。
必要なのは、チーズを「固める」成分です。
レモンを使った作り方が簡単かもしれません。

チーズが自宅で作れるようになれば、チーズケーキやフルーツタルトなどへの応用も聞きますから、ぜひ自宅で自作が作れるようになりたいですね。
チーズがなぜこんなに人気なのかというと、まず高い栄養価を誇っているというところにあります。
普段不足しがちな栄養分をチーズは補うことができますし、チーズに含まれている乳酸菌にはおなかの調子を整える効果もあります。

おなかの調子が悪くて下痢や便秘が続いている…という方にも良い食材ですね。
自宅で作る際の注意点なのですが、その保存方法です。
できた後は必ず冷蔵でラップで巻いて保存するようにし、常温のまま放置しないように気を付けましょう。
これは市販のチーズを買ってきた際も同様です。
乳製品は常温でおいておいてはいけません。
においが移らないように工夫しましょう。


このページの先頭へ